「不登校新聞」(Fonte改題)7月15日号に、5月29日に浦安市で開催された「不登校を語るつどいBaobab」で、代表の野村俊幸が講演させていただきました表題の講演抄録が掲載されましたので、PDFファイルで紹介いたします。

(5つの関門)

第1:受容の入り口に立つこと

第2:焦る気持ちを抑えること

第3:心のざわつきをコントロールすること

第4:子どもの進む道は一人ひとりちがうことを受け入れること 

第5:子どもの人生は子どものものと腹を括ること

下記からPDFファイルをダウンロードできます。

→→浦安講演抄録不登校新聞その1

→→浦安講演抄録不登校新聞その2