□と き:2014年1月25日(土)13:30~16:15

□ところ:函館市勤労者総合福祉センター(サン・リフレ函館)2階視聴覚室(大森町2‐14)

□プログラム 
 〇基調講演
  「ひきこもり経験者が主体的に社会参加する意義~支援する側・支援される側の垣根を越えて」

    講師:NPO法人レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク理事長 田中敦 氏
       (不登校ひきこもり経験者)

 〇シンポジウム「ひきこもりは今~ひきこもり経験者のこれからの社会参加を考える」 

    シンポジスト:吉川修司 氏 当NPO法人主催当事者会「SANGOの会」
           武田俊基 氏 当NPO法人主催当事者会「SANGOの会」
           田中 透 氏 当事者会「函館・樹陽のたより」
                  (アスペルガー症候群当事者)
           当事者会「樹陽のたより」から他1名

    コーディネーター 野村俊幸 氏 「樹陽のたより」支援者、
                     道南ひきこもり家族交流会「あさがお」事務局 
                     はこだて若者サポートステーション専門相談員

□参加費:無料 定員:70名(事前申し込み不要)

□主 催:NPO法人レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク 
     ☎090-9754-3164(吉川)  info@letter-post.com

連 携:「あさがお」「樹陽のたより」 ☎090-6261-6984(野村)

□後 援:函館市、北海道渡島保健所、一般財団法人北海道国際交流センター、
    チャイルドラインはこだて 登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会、
    函館圏フリースクール すまいる