5月20日北海道新聞「各自核論」で前川喜平さん「高校の普通教育化に向けて」について提言しています。

「適格者主義」を止め、全ての人に無償の高校教育を保障することや、勉強の躓きが高校中退の大きな理由になっていて、特に数学Ⅰの必修が壁になっており弾力的な履修が必要なことも提言しています。

記事をご覧になりたい方は、tnomura@sea.ncv.ne.jp までご連絡ください。

 

また、下記の講演会も近づいてきました。

■前川喜平さんオンライン講演会

登校拒否を考える全国ネットではオンライン連続講座を開催しており、第7回は5月23日10:30~12:30、元文部科学省事務次官・前川喜平さんの講演です。

講演テーマは「なぜ不登校は急増したのか」で、前川さんは文科省在職時に普通教育機会確保法の実現に尽力されました。

詳細・申し込みはこちらへ ⇒ https://zenkokunet-online-0523.peatix.com/